GGJ 2022 追加課題について

GGJでは、テーマ以外の追加課題として、Diversifiers(多様性を促す項目)が設けられています。Diversifiersの事を理解する手助けになれば幸いです。

一人で行くのではなく、これを取り入れてください(Unityが後援):-GGJは、人々が集まり、アイデアを共有し、それを実現することを目的としています。 「これ」とは何かというユニークな焦点アイテ​​ムを含む、人や物が集まるゲームを作成します。

感情的なジェットコースター(dotbigbangが後援)-プレイヤーに感情的な反応を生み出すゲームを作成します。笑い、恐れ、喜び、愛情、驚き、達成感(岩田聡の言い換え)。

先見の明 - (Sony Interactive Entertainment): 制作したゲームにVRサポート機能を付けたり、もしくはゲームプレイの一部としてアイトラッキングを実装しましょう。

イギリスいちばん - (UK Games Fund/Transfuzer): イギリスに本拠地を置くチームの場合は、この「多様性を促す項目」のみ使用しなければなりません。参加チームはイギリスのゲームIPやイギリスをモデルにしたゲーム開発者・スタジオへの敬意を示したり、それを表現したコンテンツを制作する必要があります。私達は、イギリスからの優秀な才能を魅せることが、たいへん嬉しくあります。世界的に有名なAAAタイトルや特徴的なインディーゲームであれ、イギリスのゲーム開発を記念するゲームジャムへ参加をお願いします。詳しくはこちらをご覧ください。 https://tranzfuser.com/global-game-jam-ukgtf-diversifier/ 

文化遺産に敬意を払い、守ろう - (Cultural Antiquities Task Force of the US State Department): ゲームは文化的アートの多様性、工芸品、伝統、そして窃盗、強奪、人身売買、破壊、そして地球温暖化のリスクを被る場所を讃えています。

持続可能性 - (Virtuos): 資源の制限と戦うことは創造力を加速させ、より大きな達成へとつながる可能性があります。ゲームやステージクリアするための解決策をクリエイティブにさせるため、少なくとも1つは限られたリソース(時間、エネルギー、動きなど)をゲームに導入しましょう。

知識への探究 - (TwilioQuest): 壮大なSF、TwilioQuestの世界へ新たな教えを織り込みましょう。成長中の開発者コミュニティへ向けて、技術ツールやコンセプトを伝えるため、教育RPGフレームワークやコンテンツオーサリングツールを使いましょう。このサイトをご覧ください。

アクセシビリティ

コアエクササイズ(コアゲームが後援 Core Games)-コアゲームプラットフォームを使用して、グローバルゲームジャムエントリを作成します。 Coreで作成されたエントリーは、$ 10,000の賞金プールの一部を獲得する資格があります。詳細については、https://bit.ly/Core-GGJ22
 

GAG10: Game accessibility guidelines (英語)10周年を記念し、このサイトからガイドラインを10個導入しましょう。

言いたい事は分かる: 方向を示す音は、画面を見ても分かるようにしましょう。

ストレスフリー: 極端に下げた難易度でもプレイできるようにしましょう。(例:敵なし、制限時間なし)

アート

他次元: ボクセルアートを使用したゲームを作りましょう。

20世紀ゲーム: 2000年以前に発売されたゲーム機に対応したゲームを作りましょう。

超分かりみが深い: どれがプレイヤーか判断しやすい色や、色覚異常の方にも分かるようにする代わりに、ゲームビジュアル全体がスーパーカワイくて、形や線を生かしたハイコントラストなイメージを具現化しましょう。

オーディオ

1920年代から…2020年代の音楽まで: ゲームに1923年以降の音楽を使いましょう。1923年以前に録音された音楽は、すべてアメリカのパブリックドメインとなります。 https://www.copyright.gov/music-modernization/ (英語)

クラシックが廃れることはない: レトロスタイルではないゲームの音楽をチップチューンのみにしましょう。

ミックステープ: 今年もしくはGlobal Game Jam 2023に使えるよう、ゲームに使用した音楽をクリエイティブ・コモンズ・ライセンスに基づいてアップロード&シェアしましょう。 Google Drive Folder に音楽を提出したり、検索したりしましょう。

コード

ランタイム・ファンタイム: 外部アセットを一切使わずにゲームを作りましょう。すべてのコンテンツは、ランタイムから生成されたコードでなければなりません。

整理整頓: コードはきれいに!メソッドあたりのパラメーターは3つまで、メソッドあたり15行まで!マトリックスを整理整頓しましょう!

ラズベリーをくれるのはこのゲームだけだ: Raspberry Piのようなシングルボードコンピュータを使い、ゲームを開発してデプロイしなければなりません。

デザイン

プレイスペース: コロナ感染対策を取り、地元の道端でもプレイできるゲームを作りましょう。

成功へのキー: キーボードのキー1つで、どのプレイヤーでもゲームをコントロールできる切り替えを作りましょう。

くっつき虫: キャラクターやオブジェクトのグループから展開していくゲームを作りましょう。

メタ

いっしょにプレイ作り: あなたが作ったゲームは、中心となり参加するため、すべてのプレイヤーが自分の場所でプリントまたは工作できる物理的要素を持つマルチプレイゲームです。例えば、オンラインゲームでは実物のサイコロやゲームボードで遊ぶ事になります。

休憩: チームメンバーは、2・3時間ごとに1度休憩を取らなければなりません。

みんながクリエイター: 少なくとも、チームメンバー1人がゲーム制作やデザインに全く関わっていない人でなければなりません。その人(たち)の貢献はとても重要であり、表面だけ多様性を認めることなどあってはなりません。

物 語り

Brxu Vhfuhw lv Vdih zlwk Ph: ゲームプレイやストーリーに、暗号や復号を導入しましょう!

自分のマルチバースを創造しよう:  ゲームのストーリーの語り方は、パブリックドメインとなっている物語から少なくとも2つの要素をキャラクターに含めなければなりません。(例:華麗なるギャッツビー、ピーター・パン、秘密の花園、宝島、武士の娘など)

ライムでリズム: ゲーム内ナレーション、文章、スピーチは韻を踏んでいなければなりません。