奉祭(ささげまつり) Sasage Matsuri

奉祭(ささげまつり)では、村人同志が競って供物を奉げる儀式が行われる。 祭壇の上に供物を並べると、神や妖怪などの神秘の存在の加護を得られるのだ。 今年も奉祭が行われる。だれが一番多くの加護を得ることができるのか? 村人たちの勝負が始まる!
Jam Site: 
Jam year: 
2016
Platforms: 
Non-digital game (board game, card game, physical game, sport, etc.)
Installation Instructions: 

A4用紙に原寸で印刷して、カード類ははさみで切り離してください。

一般の名刺サイズ(91mm x 55mm)のカード用紙に印刷できるようにレイアウトされています。

遊び方はPDFを参考にしてください。


※ボードゲームです。A4用紙に印刷し、カード類を切り離して遊んでください。

■ゲームの目的
供物を捧げて、誰よりも多く神秘の加護を得よう。

■内容物
    祭壇:1枚
    供物カード:3種類x10枚 計30枚
        稲:10枚 金:10枚 酒:10枚
    神秘カード:7種類 計22枚
        ケサランパサラン(2点):7枚
        小豆洗い(2点):7枚
        座敷童(5点):3枚
        竜宮童子(7点):2枚
        玉藻御前(10点):1枚
        少名毘古那(15点):1枚
        天照大御神(30点):1枚

■ゲームの準備
供物カードをシャッフルし、プレイヤーに同じ枚数を配ります。供物カードは手札とします。
余ったカードは伏せて、捨て札とします。

■プレイの手順
1.供物カードを祭壇の空いているマスに置く(供物を奉げる)。
    ・供物のあるマスに隣接する場所にしか置けません。
    ・供物が祭壇に1つも存在しない場合、好きな場所に
       置いてかまいません。
2.祭壇上の供物の配置が配置表にある形になった場合、
神秘カードをもらうことができます(神秘の加護)。
    <神秘の加護の手順>
    1.対応する供物を祭壇上から取り除き捨て札とする。
    2.対応する神秘カードをもらう
    3.最後に配置した場所に供物を奉げる。
     ※神秘の加護を行うかどうかはプレイヤーの自由です。
3.次のプレイヤーに手番が移ります。
手札が無くなったら、他のプレイヤーの手札が無くなるまで待ちましょう。
     ※プレイヤーのターンは必ず供物を奉げる作業で
     終了します(手札が手元にある場合)

■終了条件
すべてのプレイヤーの手札が無くなったらゲーム終了です。

■得点計算
持っている神秘カードの得点を合計します。一番多い得点の人が勝ちです。

■FAQ
Q:神秘の加護の手順で、手札が無くなったので、供物カードが置けません。
A:そのまま次のプレイヤーに手番が写ります。

Q:神秘の加護の手順で、最後に供物を置いたとき、配置表にある配置になりました。連続して神秘の加護を
行うことはできますか?
A:連続して神秘の加護を行うことはできません。

Q:神秘の加護の手順で、神秘カードが無くなりました。得点はもらえないのですか?
A:メモ用紙等で得点を記録してください。

 

 

Credits: 

カードイラスト:甲田菜穂、茂川真理子

祭壇デザイン・説明書:高木亜有子

Source files: 
Executable: